時間にはゆとりをもって

時間イメージ

はんこ屋さんをやっているような人は、印鑑を即日仕上げでつくって欲しい! なんていうような注文を受けることがあるかもしれません。

そんなに急いで、一体何に印鑑を使うのだろうと思ってしまいますが、いろいろなお客さんがいるでしょうからね。
一分一秒でも早く欲しいというようなお客さんがいてもおかしくはないでしょう。

そんなに急かされても、機械で彫れる時間は決まっていますし、手彫りの印鑑をつくるとなると、そんなに早くは無いはずです。

他に注文が入っていれば、それらを後回しにすることで急ぐ印鑑を先に作ることだって出来るとは思いますが、そんなに印鑑を急ぐのなら、もっと早いうちに準備しておいた方がよかったんじゃない? と、思わず言いたくなってしまうかもしれません。

まぁいろいろと事情があるでしょうから、印鑑を急いでつくるしかないのですが、せっかちさんに限って、注文が細かかったりするもんなんですよね。
一度書体を決めて、それでお店側が作業に取りかかったのにいきなり書体を変えたいなんていうようなわがままを言ってきたりするようなこともあるはずです。

私は印鑑やさんではないのですが、過去にオーダーメイドで文字を入れたりするような製品をつくっていたことがあったのです。
そのときにも急ぎのお客さんがいて、色々と手間取った覚えがあるんですよね。

今の時代、時間が非常に重要になってくるものですから、どれだけ短時間で品物が用意できるかは、仕事をするにおいてはとても大事になってくることでしょう。
ですがお客さんに振り回されて、他の仕事が受けられないようになってしまえば、問題ですよね。

〔オフィスで活躍!お勧めグッズ〕

【サンビー館】では、ビジネスシーンで活躍する回転ゴム印、 データ印を格安でお取り扱い中!

一本あるだけで、捺印作業の効率が格段にアップします!

ページの先頭へ